2人で1つの結婚指輪|ずっと身につけられるデザインを選ぼう

結婚の準備と特別な指輪

リング

結婚の段取り

愛する人と家族になる事、それは結婚を意味します。一生を添い遂げる決意をした時、愛し合う男女が指輪を交換し永遠の証として誓いのキスをします。結婚には段取りがあり早い人は2年前ほどから準備を始めます。遅くても1年前には準備を始めるのがポイントです。なぜならプロポーズからカウントしてお互いの両親への挨拶、式の場所決めや料理や衣装、招待客の準備などやることは山ほどあります。早ければ早いほど良いという事実は意外に知られていません。余裕がある計画をした方がより式が素晴らしいものになるのです。忙しい人は休みの日だけしか動けないので特に早め行動がおすすめです。またシーズンや時間帯もゲストに合わせて考えるのがポイントです。

ハンドメイドの魅力

式の段取りや時期については上に書いた通りですが、その前の段階「結婚指輪」はもっと大切です。近年ではその結婚指輪を手作りする人が増えてきています。その背景には不景気という理由もありますが、それよりも自分たちの手で作り上げた特別感があるからです。購入したものでも指に一生付けるものは大切に使いますが、手作りであればひとしきり愛情がわくものです。お互いの結婚指輪を手作りで渡し合えば、結婚がより特別な行事に感じられます。結婚指輪を手作りする人は若い世代が多いですが、想像性豊かな世代であるからかシルバーやゴールド、ワイヤーなど自分たちの好きな素材で自由に作る現代らしい結婚指輪が人気です。工房や個人店も多数ある為、2人だけで作業できるのもまた若い世代が好む理由でもあります。