2人で1つの結婚指輪|ずっと身につけられるデザインを選ぼう

結婚後につける指輪

カップル

二人が身につける

結婚指輪は入籍に伴って男女が身につけるものです。お金はどちらが支払うと言う決まりはありませんが、一般的に男性が結婚指輪を購入して女性に贈るのが慣例になっています。結婚指輪のデザインは男女ペアになっているものだけでなく、それぞれ独立したデザインの商品も販売されています。会社員として勤務している男性はあまり大振りな宝石がついた結婚指輪を身につける事ができませんが、女性の中には立て爪の指輪を所望する方も存在しています。このようなケースではペアデザインではなく独立したデザインの指輪を購入すると良いでしょう。結婚指輪につける宝石に決まりはありませんが、日本ではダイヤモンドを選択するのが一般的です。ダイヤモンドは男女の愛を象徴する有名な石なのです。

二つの構成素材

結婚指輪を構成している要素は複数存在しています。特に宝石は指輪の印象を左右する重要なポイントであり、本物の宝石が載せられている指輪を購入しなければ後々変色する事も珍しくありません。確かな品質の結婚指輪を購入したい夫婦であれば、きちんと鑑定書をつけてくれるショップで指輪を手に入れましょう。またノンブランド品の指輪よりもブランド品結婚指輪を選択するのが一般的です。宝石の他にも結婚指輪にとって大切なポイントと言えばアーム部分が挙げられます。アームの素材はゴールドからプラチナまで多様に存在していますが、ものによって熱に強い素材や切り傷に強い素材など種類が別れるのが特徴的です。夫婦が日常的に行なっている作業や仕事を考えて素材を選ぶと良いでしょう。